北朝鮮とアメリカのチキンレースが始まっています。

 

もし、本当にミサイルが飛んできたら・・・

と思うと、とっても不安ですよね。

 

日本はそのミサイルをちゃんと撃ち落とせるのでしょうか?

 

今までは現実味がありませんでしたが、

本当にミサイルが飛んでくるかもしれない、

という状況になってくると、

日本のミサイル防衛システムって大丈夫なのかな~?

って心配になってきますね。

 

今回は、

【北朝鮮ミサイルを日本は防衛できる?イージス艦迎撃命中率がヤバイ!】

ということで、北朝鮮から日本に向かってミサイルが飛んできたとき、ちゃんと防衛できるのか?

日本の盾と呼ばれているイージス艦とパトリオットの迎撃ミサイルの命中率はどうなのか?

調べてみました。

Sponsered Links

 

これが、日本のミサイル防衛システム!

日本における弾道ミサイルの防衛システムの配備は平成16年から始まっているそうです。

今年で11年目ですね。

限られた防衛予算の中での11年間は決して長い期間ではないような気がします。

 

それでも、アメリカと共同して、今の日本のミサイル防衛システムができていて、かなりのレベルになっているようです。

もし、北朝鮮からミサイルが飛んできたときは、どのように対処できるのだろうか?

 

平成28年度の防衛白書から見てみます。

防衛白書より

 

要するに

レーダーによってミサイルが発射されたことを捉える
 ↓
ミサイルがどこへ飛んでいくかを瞬時に計算
 ↓
日本に着弾するとわかったら、

イージス艦から迎撃ミサイル発射!
 ↓
かなりの精度で迎撃できるが、迎撃できなかった場合
 ↓
パトリオット(PAC-3)から迎撃ミサイル発射!

 

この2段階でミサイルを撃ち落とすそうです!

 

たった2段階?

これで大丈夫?

と、素人のわたしは思ってしまいますが、

かなりの精度で撃ち落とせるようですよ。

 

イージス艦とパトリオットミサイルさん、

頼りにしています!

お願いします! って感じですね!

 

航空自衛隊の動画チャンネルはわかりやすく説明してくれていますので、紹介しますね。

 

イージス艦は、200を超える目標を追尾して、同時に10個以上のミサイルを迎撃する能力を持っているそうですから、頼りになります!

とはいっても、それを上回るたくさんのミサイルが飛んでくると、対応できなくなって撃ち落としが出るそうですから、完全に安心できるものではないそうですね。

たくさん、イージス艦をもっていいると安心の度合いも上がる、っていうもの。

 

日本が保有するイージス艦は6艘です!

いざというときは、アメリカも防衛に協力してくれるので、

横須賀を母港としているアメリカのイージス艦が9艘!

更に、今回は米空母カールビンソンとともにアメリカのイージス艦も朝鮮半島に向かっています!

 

日本とアメリカのイージス艦でしっかり守りを固めているんですね。

アメリカと仲良くしていてよかった!

 

イージス艦とパトリオット、迎撃ミサイルの命中率がヤバイ!

日本を守ってくれる頼れる2つの盾

イージス艦とパトリオット(PAC-3)ですが、

迎撃ミサイルの命中率がヤバいくらいスゴイんです!

 

イージス艦からの迎撃ミサイルは、アメリカが行った37回のテスト33回成功命中率は89%!

 

パトリオットの迎撃ミサイルは、35回のテストで29回の成功命中率は83%!

そのうちでも、ソフトが新しくなってからの後半の14回のテストでは、100%だから、ホント、ヤバイですね!

 

イージス艦で約9割迎撃して、残ったものをパトリオットで迎撃する!

2つ合わせると、100%大丈夫! って思えてしまします!

 

自衛隊が行ったイージス艦とパトリオットのテストの動画を紹介します。

自衛隊のイージス艦が弾道ミサイルを迎撃するテストの動画 ↓

ちょっと音声がいまいちですが、どのようにイージス艦が弾道ミサイルを迎撃するのかわかります。

 

もうひとつ、イージス艦が撃ちそびれたときの最後の要、パトリオットの迎撃テストの様子です。

この2つで日本をミサイルから守ってくれるんですね。

 

なんか、ちょっと安心出来そうに思えてきました。

 

これが、イージス艦のミサイル迎撃能力!

ミサイル防衛とは違いますが、イージス艦のミサイル迎撃能力がよくわかる動画を紹介します。

現代の戦争は、技術の戦いなんですね。

まったく、素人にはついていけません。

サーバーの戦いになるのもわかります!

 

日本の防衛システムでは守りきれない!という声も

イージス艦とパトリオットミサイルがあって、

しかもアメリカも協力してくれて

いやあ、良かった~、安心 安心・・・・

なんて、簡単に納得しないでください!

 

現状の日本の防衛システムでは、守りきれない!

という意見もあります。

 

というのも、パトリオットの数が足りなくて、

日本の防衛は穴だらけだ!

ということらしいのです。

 

パトリオットの弱点

パトリオットの命中率は抜群なのですが

弱点は守備範囲が狭いこと!

その守備範囲は50km位だそうです。

 

パトリオットは日本に32基しかなく、2基がペアで稼働するので、

16か所からしか防衛できないということになるのですね。

ピンポイントで16か所を守れるだけ

確かにこれでは穴だらけです。

 

そうなると、日本に来る前に、広範囲を守れるイージス艦に頼りたいのですが・・・・

 

イージス艦の弱点

イージス艦の対艦ミサイルも抜群の命中率を誇るのですが、それができるのも、相手のミサイルが発射したところを、イージス艦のレーダーでとらえておく必要があるそうなんですね。

レーダーは指向性があるので、あらかじめ発射する方向にレーダーを向けておく必要があるそうです。

ところがところが・・・

北朝鮮は、既に移動式の発射台も完成しているので、どこから発射するのかわかりづらくなっているのですね。

となると、イージス艦でも迎撃できない可能性も高くなってしまいます!

 

つまり、イージス艦が発射を捉えることができなくて、パトリオットのないところに向かうと、日本に着弾する!

ということなんですね。

 

韓国へのTHAADの配備は、アメリカを守るためだけではなく、イージス艦の弱点を補う意味もあるのかもしれません。

 

 

また、北朝鮮はサーバー攻撃にも力を入れているそうですから、

サーバー攻撃で、これら2つの盾が無力になる可能性だってある!

 

エ~ン!

せっかく安心しかけていたのに、

また、心配になってきたよお~!

 

自衛隊やアメリカ軍の活躍を期待しながらも、

やはり大切なのは

私たち一人一人が自分を守る行動をする覚悟のようです!

 

まとめ

もし、北朝鮮から日本に向けてミサイルが飛んできたら・・・

そう思うと、とても心配ですが、

私たちが知らないうちに、

ちゃんと防衛能力を高めてくれていたんですね。

 

日本を守る2つの盾、

イージス艦とパトリオット!

頼もしいです!

 

もし、jアラートが鳴って、しばらくして

「ミサイルは迎撃されました!」

と言う情報が入ったら

「アー、よかったよかった!!」

なんて簡単に思わないでくださいね!!!

本当に本当に、心から心から感謝ですからねッ!!

 

イージス艦とパトリオットが防衛システム、それと新たに加わるTHAAD、

これらはとても頼もしいのですが、

完全に安心!とは、まだまだまだまだ程遠いようです!

 

私たち一人ひとり、

しっかり、いざというときの命を守る行動をとれるようにしておきましょう!

 

ということで

【北朝鮮ミサイルを日本は防衛できる?イージス艦迎撃命中率がヤバイ!】

お届けしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

➡ こちらの関連記事もチェック!

文在寅就任で日本への影響は?北朝鮮アメリカの本当の狙いがヤバイ!

北朝鮮ミサイル発射実験(4月16日)の失敗原因やアメリカの対応!

北朝鮮の核実験2017攻撃は?日本に来たときの命を守る行動は?

北朝鮮ミサイル2017は日本に落ちる?標的の可能性や時期を予想!

アメリカ(カールビンソン)の北朝鮮攻撃はいつ?現在地もチェック!

北朝鮮の化学兵器(サリンVX)の攻撃の可能性と命を守る方法は?

日露首脳会談2017で北朝鮮の内容とプーチン(ロシア)の反応は?