「日本も核武装すべき」という意見を最近目にするようになりました。

 

アメリカでも「北朝鮮の核開発はもう止めれらない」というあきらめから、「日本と韓国が核武装して、北朝鮮への抑止にした方が良いのでは?」という意見も多くなっているようです。

アメリカ国民も遠い東アジアの戦争に巻き込まれたくない、という思いがあるようですね。

アメリカの有名は軍事評論家は「日本が自前の核兵器を持てばすべての民主国家は安全になる。強い日本は中国の膨張も阻止する」と発言して、大手メディアでも取り上げられたそうです。

「日本は核武装すべき」というのは一見物騒にも見えますが、そういう意見を言っている人も決して「核兵器」をいいものとみているわけではなくて、「日本を防衛するために必要なんだ!」と日本のことを思ってそういっているのですね。

そこで、
・なぜ「日本も核武装すべき」なのか?
・日本の核武装の可能性と世界への影響は?
・実現可能は核武装の方法とは?

ということを一緒に考えてみたいと思います。

Sponsered Links

なぜ「日本は核武装すべき」なのか?悪党は弱い者をいじめをする

私は住んでいる場所から、小さいころから原爆の怖さを身近に聞いてきました。
ですから「原爆」「水爆」「核兵器」と聞いただけで怖くて仕方がなかった出んです。
だから、核兵器をテーマにしたテレビが流れるとすぐにチャンネルを変えていましたから。
ですから、「日本が核兵器を持つ」なんて、全くあり得ない!」と思っていました。

「日本も核兵器を持つべきだ!」と主張する人がいることは知っていましたが、そんな人たちはとっても過激で特別な人たちだと思っていたのです。

でも、いつもでも怖いということで逃げばかりもいかないので、「核兵器」のことを勉強してみました。
すると、いろいろなことがわかってきました。
「日本も核兵器を持つべきだ!」と主張する人たちの中には確かに過激な人たちもいますが、多くは普通のぜんぜん過激ではない人たちなんですね。

というより、むしろ、世界の歴史や情勢をしっかりと勉強して、日本と日本人を守るためには「核武装が必要だ」と考えているんですね。

他国から攻撃を受けないようにするためには、自分自身が強くなることが一番!

アニメや映画を見てもそうですよね。
悪党は弱い者をいじめます。
強い者に戦いを挑むのは正義の味方であり主人公、と相場が決まっています。
強い者に果敢に戦いを挑む悪党がいたら、応援したくなります。
どちらが主人公かわからなくなる。

出典https://one-piece.com/log/character/detail/Marshall_D_Teech.html
※ティーチと北朝鮮は全く関係ありません。とても悪党らしいお姿なので採用させていただきました。

悪役は勝てる相手にしかいじめをしません。

ですから、相手に攻撃されないようにするには、相手よりも強くなればいいのです。

核兵器の攻撃をされないようにするためには、核兵器を持っておくのが一番の防衛なんですね。

そう考えると「アメリカはとんでもない国」と思っている北朝鮮が、自国の防衛のために核兵器を保有しようとしているのも、うなずけます。

念のために言っておきますけど、けっして北朝鮮に同情するわけではありませんよ。
なにせ、日本人を拉致したまま返してくれない国家ですから。
北朝鮮が「防衛のために核を保有するんだ」と主張するなら、まず拉致被害者を返してからにしてほしいですね。
そうしないから悪役になってしまっているのです。
自分を守るためではなく、弱いものをいじめるために強くなろうとしていると思われても仕方がありませんよね。

北朝鮮はアメリカを敵国として、核兵器を開発しています。
日本はアメリカの同盟国ですから、日本も敵国とみなされても仕方がありません。

弱い日本だったら、いじめてくる可能性があります。
北朝鮮の核保有が現実になったからには、防衛のため「核武装すべき」という意見はごもっともと思います。

とはいっても核兵器をお互いに持っている状態というのは怖いですよね。
万が一でも「核兵器を使用しあうという戦争に発展」なんて悪夢が起こる可能性がありますからね~。

核武装によって日本を防衛したいが、危険もある。
悩ましいところです。

核武装の可能性~日本の核武装は世界の混乱の始まり?

では日本の核武装の可能性はどうでしょうか?

日本は核兵器を開発する能力はあるようです。
技術的にも原材料も確保も、どうやら大丈夫のようです。
ですから、日本が「核武装する!」と決断すれば、すぐに可能になれるのですね。

でもその「核武装する」と決断するのがむずかしい。
まず、世論がそれを許すとは思えません。

私もそうですが、日本人の核兵器に対する恐怖感は相当なものですから。
今の段階で、世論がそれを許す可能性はとても低くそうです。

しかし、北朝鮮が今後、核兵器を背景に日本に脅しをかけるようなことがあれば、日本の世論も変わってくるでしょう。
そのあたりは、日本人は柔軟に対応できる能力を持っています。

もうひとつ、日本の核武装の可能性を阻むものがあります。

それは「日本は核保有国にはならない約束をしている」ということなんです。
というのも、日本はNPT(核拡散防止条約)に加盟しています。
そのNPTで核兵器を保有しないことを約束しているんです。
ですから、日本が核保有国になるためには、まずNTPを脱退しなくてはいけません。

でもそれでは、北朝鮮と同じです。

NPT(核拡散防止条約)は、核兵器が今以上に世界に拡散するのを防止して、いずれ核兵器をこの世の中から極力減らしていくことを目的にしています。

NPTで日本は唯一の被爆国としてとても大切な役割を担っています。
そんな日本がNPTを脱退するなんてできるわけがありません。

万が一にも日本が約束を破るとなると、もうNPTは全く機能しなくなるでしょう。

核兵器の拡散させないという夢は遠くかすみ、世界は混乱へと進むことは間違いありません。

日本はこれからも、積極的にNPTが機能するようにリーダーシップをとっていく責任や立場があります。

 

でもそれでは、
「じゃあ、日本は核武装できないじゃない!」
「核兵器の攻撃におびえるしかないの?」

ということですが、実現可能な核武装の方法もあるようです。

実現可能な核武装の方法は?

日本はNPTを脱退できない。NPTを脱退しないまま、核武装するなんてできるの?
といったところですが、実際にNPTに加盟したまま核武装している国があるんですね。

たとえば、ドイツです。

ドイツに限らずヨーロッパなんですが、これは、NATO(北大西洋条約機構)方式とも呼ばれている方法です。

どういうことかというと、アメリカの核兵器をドイツに配備し、共同で管理しているのです。

「それも保有じゃないの?」って気もしますが、実際に認められていますから、この方式をとれば日本もNPTに加盟したまま核武装ができますね。

また、米軍基地に核兵器を配備してもらう、という方法もあります。
日本は保有しないけど、しっかりと米軍基地に核兵器を置いてにらみを効かすと方法ですね

とは言っても日本には「非核3原則」なるものがありますから、簡単ではないです。
相当な反対があるでしょう!

NATO方式となると反対も相当なものになるでしょうから、米軍基地に配備するというほうが現実的かもしれませんね。

それも「米軍が配備した」と明言するのではなく、
「もしかしたら米軍が核兵器を配備したのかもしれません」
「アメリカに問い合わせたんですけど、軍事機密ということで教えてくれないんですよね」
くらいでよいかもしれません。

これでも十分「核抑止力」は発揮できると思いますから。

おわりに

「悪役は弱いものいじめをする」
これはアニメ界の常識、とうより実世界でも常識ですね。
北朝鮮が悪役と決めつけることはしたくありませんが、実際に日本人を拉致して、いまだに帰してくれないのですから悪役と言われても仕方がありません。

そんな北朝鮮の核兵器が日本にとって本当に脅威になったら、「日本も核武装すべき」という声は確実に大きくなってくるでしょう。

核兵器には核兵器で抑止するのが一番ですから。
でもそれは、とても危険なことには変わりありません。

日本が核保有国になることによって、NPT(核拡散防止条約)が機能不全になることは避けなければなりません。
NPT(核拡散防止条約)が機能不全になることは、世界の混乱の始まりになりかねないからです。

私は日本が核兵器を開発することには反対ですが、日本を守るためにどうすればよいか?核保有も視野に入れた幅の広い議論は、とっても大切だと思います。

それにしても、アメリカの軍事評論家アンダース・コー氏がなぜ「日本が自前の核兵器を持てばすべての民主国家は安全になる。強い日本は中国の膨張も阻止する」と考えるのか? もっと詳しくその真意を知りたくなりますね。